ファクタリングは有効な資金繰り

会社にとって運営について大切ものは、資金繰りです。


この資金繰りを誤るとたちまち事業は停止しますの、資金計画は綿密に練るべきです。銀行への融資の枠は十分にとるべきですが、この融資枠もいっぱいになり、それを拡大しないと資金ショートするとき、銀行に依頼しても枠が広がらない時もあります。こうしたときに利用したいのが、ファクタリングです。
ファクタリングとは、他の会社の売掛債権を専門業者に買い取ってもらう仕組みです。


手形のように当座の預金口座がないとだめというわけではなく、民法でいうところの債権譲渡です。

即日のファクタリングに関する耳より情報です。

このファクタリングのいいところは、売掛債権には返済時期があり、それまで待たなければなりませんが、この時期を待たずに現金化できるのでいいです。



現金を得ることで、資金ショートを起こさず、またビジネスの機会の利益の喪失にもならないため最適です。

また売掛債権には、回収できない危険もありますが、これを買い取りの業者が結果負うことになるので安心です。



但し、これは債権の買い取りなので、その額面額より低い額での買取りのなるので注意です。だいたい額面の80%あたりであればかなりいいほうですが、業者によって割引率が違うので、そのあたりは資金繰りの必要性に迫られた場合には、よく調べてみるといいです。


このようにビジネスチャンスを逃さず、お金をうまく活用する方法は債権を売って損する額よりも現金化して得る利益の方は多い時は使用を検討するべきです。